韓国料理の代表格、キムチ

韓国料理と言えば、キムチ。もう、すっかりお馴染みですね、誰もが
知ってますよね!!

スーパーでも普通に売ってるし、焼肉するときは欠かせない!
っていうご家庭も多いはず。

さて、韓国料理の代名詞とも言えるキムチ。

実際、韓国では、「どんなに豪華な料理でも、美味しいキムチが
無ければ意味が無い」「肉料理は二日で飽きるが、キムチは毎日
でも飽きない」と言われるほどだよね。

さすが、本場だあああ(笑)

日本では白菜のキムチが一番メジャーな感があります。

大根・きゅうりなど様々な材料、調味料を使ったキムチがあって、
その数なんと150種類以上に及ぶんです!

ん〜、なんとも奥深いねーそりゃーそうだ本場だからねー(⌒∇⌒)

その奥深さを物語ることわざをひとつ教えてあげましょうねっ

「良家に嫁ぐには、十二種類のキムチの漬け方を知っておかなければ
ならない」

(⌒▽⌒;) オッドロキー 

韓国でのキムチが、母から娘へ、代々受け継がれてきた家庭の味
であることが、象徴されてます。

日本で、そういう位置づけのなされる食べ物って無いような気が
します。

韓国の方が日本よりも、家族間の縦のつながりがとても深いように
思えてならないのです。

そう思わせてくれるキムチ、やっぱり、韓国料理の代名詞といって
過言じゃないですね♪

(⌒∇⌒)

ちなみに、元々キムチはそんなに辛いものじゃなかった ∈( ̄o ̄)∋

ホーッ

唐辛子自体が、昔は韓国には無かったんだね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48439022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。